投稿日:

お見舞いに行くときにはこんなことに注意をしよう

入院をしている人にお見舞いに行くことがありますね。
その時、いろいろなことを注意することが大事です。
そのことについて、まとめてみました。

 

・お見舞いは短時間とする
お見舞いにいった時、久しぶりに会う事になるので、いろいろなことを話したいと思います。
しかし、そのことによって患者さんが安静度がまもれなくなります。
入院をしているので、安静度というものがあります。
そのため、お見舞いはできるだけ短時間で済ますことが大事です。
もしも部屋で面会をする場合は,特に短時間で済ますことが大切です。
ほかの患者さんに迷惑にならないようにしたいですね。

 

・大声で離さない
病院は、静かな環境です。
そのため、大きな声で話すことは禁止です。
大きな声では話す事によって、周りの人たちが不愉快な気持ちになります。
そのことを知って、小さい声で話すようにしましょう。

 

・食べものは大量に持ち込まない
食べ物をお見舞いで持参することがあります。
しかし、そんなに食べることができません。
そのことを考えた量を持参します。

PR|セカンドオピニオンで乳がんの早期発見|