投稿日:

良いお医者さんは干渉の仕方で判断

病気に関しては、元々の体質によるものもありますが、日常再活のストレスや生活習慣などが関係して来ている場合もあります。なので、お医者さんは患者さんのプライベートの内容についても足を踏み入れて聞かなければならない事も出来ます。

しかし、中にはプライベートのことはあまり聞かれたくないという人も多いですし、聞かれたとしても正直に全て話すとは限らないのです。なので、腕がいい良いお医者さんは患者さんのプライベートから来ている症状と考えて治療する事はすくなくて、そのことは二の次でまずは今の症状から徹底的に分析してその症状にある一般的な治療方法などを模索します。なので私情の内容はその後に考える事になると思います。

そのことからプライベートの事情についてはあまり干渉してこない、でも少しは干渉してくるそういったお医者さんが良いお医者さんだと思います。そして長期に治療が長引く場合はプライベートの深い部分に踏み込むのはカウンセラーの役割と分業化されている病院が良い病院だと思います。

PR|首都圏で、乳がん検診を!|