投稿日:

風邪をひいたときはお風呂に入ったほうがいい?

風邪をひいてしまったときに、みなさんお風呂はどうしていますか?

昔はよく風邪のときはお風呂は厳禁!というのが当然のように言われていましたが、最近では湯船にじっくり浸かって体を温めるほうが、治りが早くなると言われています。

特に風邪は引き始めが肝心、と言われるように、少しでも「あれ?なんかおかしいな」と感じたときに、正しい入浴方法を実践すれば、免疫力がグンとアップして早々に風邪を撃退することができます。

まず、湯船に浸かる前に、浴室や脱衣所をしっかり温めておいて下さい。

急激な気温差は体に負担がかかり、冬場であればヒートショックを起こすこともありえるからです。

入浴時の温度は40~42度くらいのぬるま湯で、胸よりやや下くらいまでの半身浴で20分~1時間浸かってください。

人によって熱く感じたり、逆にぬるく感じたりと個人差はありますが、やや汗ばむ程度が目安時間です。

体を洗いたくなるとは思いますが、この日はガマン。

湯船から出てしまうと、せっかく温まった体がまた冷えてしまうからです。

ただ、同じ風邪でも38度以上の高熱のときには、入浴は避けた方がいいでしょう。

熱で上がった体温が、血流の流れが良くなることにより更に上がってしまう可能性があります。

あとは、体がだるくて湯船につかる気力がない、というときは、足湯という方法もあります。

座ったときにふくらはぎが半分以上浸かる程度のお湯を張り、1時間ほど浸かってみてください。

しばらくすると湯船に浸かったときと同じように、じっとりと汗をかいてくるはずです。

湯船から上がったら、体を冷やさないようにして、すぐに寝るのが一番。

風邪を撃退して、快適な毎日を過ごしましょう!

PR|がん検診の方法を相談