投稿日:

家族の絆で母の癌を乗り越えていって

母がステージ2の子宮ガンになりました。その時、子供も産んでいたこともあり、子宮を全摘したら現段階では命に別状はないと言われました。
ですが、全摘した後、やはりホルモンバランスがくるい、体もしんどいし、精神的に母がまいって鬱になりかけました。
何事も精力的に取り組んでた母が掃除すらやる気にならず家でひきこもり、まわりは大変気に病み大変でした。
母が気に病んだとき、父は母のペースに任せようと全て母を受け入れました。文句を言われても聞き流し、お母さんがつらいの分かっているから休憩したらいいんだよと、優しい言葉を常にかけてました。
仕事がないときは、断られても散歩に行って気分転換をさせようとしていました。
母の病気を治してくださったのは、お医者様ですが、父の愛あるサポートなしには母は立ち直れなかったと思います。家族の大切さや絆を改めて実感しました。
病気は辛いと思います。闘病してる方は間違いなく辛いです。ですが、辛いのはあなただけではないのです。みんなで病気を乗り越えましょう。