投稿日:

前向きな姿勢でいるのが入院した時のこつ

入院をすると、そのこと自体でとても落ち込んでしまいます。そしてその落ち込みから、なかなか回復できずにいることがあります。しかし、そのままの気持ちでいるとますます具合が悪くなることがありますね。その反対に、入院をしてこれから頑張るという、そんな前向きな気持ちでいる人は、病気をしたとしてもそのことに対して乗り越えやすいです。それは、とても不思議な事ですね。しかし、実際にそのことを痛感しています。

私も最初の乳がんの入院の時に、マイナスなことばかりを感じていました。ちょっとしたことでも、悪い方に感じていたのです。すると、そのことを感じ取った隣に入院をしていた人が、なるようにしかならないので、そんなにくよくよしたらダメといってくれたのです。その言葉を聞いた時に、とても救われた、そんな気持ちになりました。それはとても不思議な事ですが、気持ちを明るく持つことで気分が変わってきます。そのとなりに入院をしていた人に、とても感謝をしています。