投稿日:

治ることを信じて療養生活を送っています

今、上咽頭癌のため、入院治療中です。

パソコン大好きなので、入院が決まった時に先生に「パソコンの持ち込みはOKでしょうか?」と聞きました。「OK」と言われたので、この病院に入院することに決定しました。

初めて病名を聞かされたときは、「死」も覚悟しました。でも、いろいろ話を聞いたり、ネットでがんの最新治療や放射線治療について調べたりした結果、医学も進んできており、今では、かなり進行した状態でも5年生存率が75%くらいはあるということを知り、とにかく前向きに治ることを信じて療養生活を送っています。

首の右側のリンパ節に、ころりとしたしこりがあるのに気づいたのは3年ほど前なのですが、あほなわたしは、あまり気にもとめず、放っておいたのです。1年半くらい前から左耳の閉塞感が始まり、けっこうあちこちの耳鼻科に行ったのですが、どこへ行っても、「滲出性中耳炎」の診断で、治療しても治らず、まぁいいか! て、またまた放っていたら、ついに今年のお正月ごろに首の左側のリンパがひどく腫れだして、上咽頭癌が見つかったというのが経緯です。

左耳の閉塞感があった時に首の右側のリンパ節の腫れと関係あるとは思いもしなかったので、ドクターにも言わなかったのが、病気が見つかるのが遅れた原因だと思います。