投稿日:

病院の受付職員に何科に行けばいいか聞く

下の話になるのですが、学生時代に一度、肛門周辺の皮膚がむちゃくちゃ腫れたことがあります。「これは病院に行かなければならない…」と思われる状態でしたから、もちろん近所の病院へ行きましたよ。しかし病院に行ったものの「何科に行ったら良いのか?」といったことがさっぱりわかりませんでした。

それで病院の受付にて恥をしのんで、受付職員の方に聞いたのですよね。「これこれこのような症状なんですが、どの外来にかかればいいのでしょうか?」といったように。私は当初下半身のことですから、泌尿器科にかかればいいのかと思っていましたので、「泌尿器科でしょうかね」ということも伝えました。

すると「違う」ということで。「その症状でしたら皮膚科ですね」ということでした。看護師さんに聞いたわけではなく、受付の職員(医療事務の人?)に聞いたのですが、ドンピシャな回答をいただけましたね。しかも対応もスムーズでとても助かりました。

「看護師さんをつかまえて聞いてみる」ということを当初は考えていましたが、受付の人でも大丈夫でした。その際のことは大変感謝していますね。おかげでスムーズに診察してもらうことができましたので。これで自分で勝手に判断して、見当違いの外来に行っていましたら、時間のロスとなっていたことでしょうから。

PR|乳がんの検診内容